ゲン五郎.com

スーパーな雑記ブログを目指します

RIZIN(ライジン) ミルコクロコップの強さは衰えていない ロッキーマルティネス戦

f:id:framan:20181001142131j:image

 

 

RIZIN(ライジン)ミルコの強さは衰え知らず。老獪な試合運びで衝撃KO!!

 

PRIDE時代から全盛期を過ぎたミルコクロコップの試合に期待なんかしていなかったが今回のミルコは本当に強かった。

 

元々はKー1の出身で総合格闘技の試合でも常に立ち技が主体。ベビー級の中でも卓越したスピードと、一撃で相手を沈める打撃は相手からはかなりの脅威で、コーナーに詰まらせる圧力の掛け方も超一流だった。総合格闘技の試合になるとグラウンドの攻防が多くなる為、当然、打撃では分が悪いため相手もテイクダウンを狙う。しかし簡単に倒れないのがミルコの強さで、ことごとくタックルを切っていき仮にグラウンドの攻防になっても本職の総合格闘家並みの寝技も持っていた。

 

全盛期を知っているだけに今回の引退撤回の後の初戦に期待などしていなかったが、今回は完璧な勝利を見せてくれた。

 

対戦相手は、第6代DEEPメガトン級王者のロッキー・マルティネスで現在8連勝中。2017年にジェロム・レバンナから完勝しており、たるんだお腹なのにスピードも早く、意外とスタミナもある。

試合前は、ミルコのギリギリ判定勝利かもしかしたらKO負けの予想。

 

1R

 

ミルコの腹回りの脂肪が気になる。ロッキーはシューズを履いて登場。シューズを履くと、足関節が取られやすくなる上に、取られるとほとんど抜けないから総合格闘技であまり履く選手はいない。

あくまで立ち技で勝負か??ミルコは、ジャブで牽制、ロッキーはミドル、ローと蹴っていく。ミドルはトウキック気味でこれは痛そう。シューズを履く選手ならではの蹴りだわ。ミルコの蹴り足をキャッチするとテイクダウンに行こうとするがミルコ許さず。ここからパンチの攻防になるが、ミルコは当たり前だとして、ロッキーもかなりパンチのレベルが高い。当たったら倒れるな、、、

フェイントやディフェンスもうまくて、今まではミルコの必殺だった左のハイキックを難なくガード、

たまたま腕があったとかではなく完全に見えている模様。ロッキーがミルコをコーナーに押し込むと、ミルコの左太腿に鉄槌、膝膝蹴り。かなり珍しい。一度、ブレイクがかかるも同じような展開でコーナーへ。この時点で開始から4分が経過しているが、ロッキーのスタミナは衰えず。ミルコの顔も赤く腫れていて、ロッキーが押している印象。

コーナーでもつれたところに、ミルコの左の打ち下ろしの肘でロッキーの額がパックリ切れて大出血。

ドクターストップがかかりミルコ勝利。スローで見てみると、前手で首を抱えて打っているのでこれは避けられない。

 

途中までは終始、ミルコが後ろに下がる場面が多かったが終わってみれば流石のTKO勝ち。

 

元キックボクサーらしい勝ち方で素晴らしい試合運びでした。

地上波で肘の出血TKOなんてほぼほぼ見れないので、初めて見た人はびっくりしたかもしれないけどキックやムエタイではよく見る光景です。

 

ミルコは引退を撤回したらしいが、フィジカルに頼らない今日みたいな戦いができるならまだまだやれるかもしれない。

 

ロッキーは非常に惜しかった。経験値の差が出た結果。あと、強いことはわかるんだけどあの腹は何んとかした方がいい。マークハントやヒョードルも腹は出てたけど、見た目張りはあったし、今であのスピードで動けるなら絞ればもっと強くなれるはず。期待してます。