ゲン五郎.com

スーパーな雑記ブログを目指します

休日にダラダラ過ごして人生を浪費してしまう原因と具体的な改善策

f:id:framan:20181124230114p:plain

 

休日ダラダラ過ごしていませんか??

 

 

平日の仕事で疲れて、週末は昼過ぎに起き出してダラダラ過ごす。

なるべく家の中で過ごし、出かけるとしても近所のコンビニに食事の調達。

 

その時はなにも考えていないが、日曜日の9時を過ぎて仕事のスタートを考えると「しまった!」

と休日を無駄に過ごしたことを後悔する。

 

そして、「来週の休みは有意義に過ごす!」と決意し、

忙しく平日の仕事をこなして、先週の決意を忘れたまま週末を再度ダラダラと過ごす。

 

毎週、毎月、毎年、その繰り返し。

 

「次から頑張る」と何度決意したことか。

 

そんな生活を送っている人はかなり多いと思う。

 

 

 

実際、自分がそうだったのでよくわかる。

 

しかし、振り返ってみるとそこにはなにも残らない。

 

不思議を体を休めるためにセーブして生活しているのに、

月曜日の朝は余計に体に疲れを感じ、精神的にもよろしくない。

 

 

そこで自分自身で改善するために取り組んだ具体的な改善策を紹介したいと思う。

 

 

長いけどあっという間の人生で休日をダラダラと過ごすのは間違い無く大損

 

 

週休2日だと48時間の自分の時間があって、一年だと約52週間、1248時間だ!

睡眠時間もあるだろうからそのまま自由に活動できるわけではないが、

これだけまとまった時間があれば、平日にはできないようなことがほとんどできるはず。

 

収入をあげるため勉強をしたり、副業に取り組んだり、趣味を極めたっていいし、

体を鍛えるてもいい。多分、上記の4つをすべてやっても時間はまだあるはず。

 

 

疲れた時こそ体を動かす。

 

8時間の睡眠をとって疲れが取れないならそれは多分、病気か、体の疲れではなく、気疲れだったりする。

そういったときに必要なのは家でこれ以上疲れないようにダラダラ過ごすことではなく、逆に体を動かして運動することだったりする。

 

どんなスポーツでもいいし、軽くランニングやウォーキングでもいい。

怠くなっている体を動かせば、血液の循環がよくなり運動前より疲れがなくなっていたりする。

 

さらに毎週の習慣になれば確実に体力がつき、疲れにくい体になる。

社会人になって「運動しています」っていうと「よくそんな体力があるね。」って言われるとこもあるが、

これは間違いで、体力があるから運動するのではなくて、運動するから体力がついて疲れなくなる。

 

そして月曜の朝には、リフレッシュして仕事に取り組むことができる。

 

リフレッシュして状態で平日もエネルギッシュに仕事に取り組めれば、週末はさらにいい状態で迎えられるはず。

 

 

よりよい人生を送るためにも週末にはぜひ体を動かす習慣をつけることをお勧めする。