ゲン五郎.com

スーパーな雑記ブログを目指します

【保存版】フライパンで美味しくステーキを焼く方

f:id:framan:20190114151255j:plain

 

フライパンで美味しくステーキを焼く方法

 

今日は嫁と子供が実家に行ってたので、今日のお昼は豪華に行きたいと思う。

 

庶民の豪華なステーキ!!

 

いつものいきなりステーキもいいけど、

更に安くがっつり行きたいので自分で焼くことにした。

 

フライパンで焼くステーキは難易度が高い。

 

今まで家でステーキを焼いてうまかった試しがない。

 

焼き過ぎてガチガチに硬くなったり、

中が完全に生で肉汁がなくなったりした経験があるので、

飲食店を経営している友人に焼き方を聞いた。

 

 

・下準備
  1. 焼く前に常温にしておく。
  2. 肉の表面にフォークで突っつく
  3. 肉を叩く
  4. キッチンペーパーで水分を取る
 焼き方
  1. 強火でプライパンを温めておく
  2. 焼き色を確認して裏も強火で焼く
  3. アルミホイルで余熱で蒸し焼きに  

 

調理スタート

 

近くのヨークベニマルでステーキ肉を購入。

高い肉は何をやってもうまいし、

2000円以上なら外食した方が確実なのでこちらの肉を購入。

 

f:id:framan:20190114144243j:plain



最高級グレードで351gで1080円。やっすいやつやーん。

 

下準備を始めます。

調理前に40分ほど冷蔵庫から取り出しておいておきます。

 

f:id:framan:20190114145215j:plain

 

冷たいまま調理してしまうと、

中が冷たいまま焼きあがったり、

中まで火を通そうとすると表面に必要以上に火が入って焦げたりします。

 

片面だけでok。

 

結構大事なポイント!!

 

まず、スプーンで肉の表面をつつきます。

 

f:id:framan:20190114145246j:plain

 

肉が縮んで丸くまるのを防ぐのと、

肉の繊維が切れるので柔らかくなるそう。

 

 

次に、肉を叩きます。

 

f:id:framan:20190114145718j:plain

 

あいにく家には肉叩き機がないので、

500mlの魔法瓶にサランラップを巻いて代用。

 

これは両面叩いてください。

これも肉を柔らかくする効果があるそう。

 

叩き終わったらキッチンペーパーで水分を取って下準備は完了です。

 

 

下準備が終わったら早速焼いていきます。

 

f:id:framan:20190114150104j:plain

 

塩胡椒を降ってプライパンを加熱しておきます。

最近のコンロの事故防止のSiセンサーが搭載されてるので、

高温炒めのスイッチを押しておく。

 

f:id:framan:20190114150157j:plain

 

これを忘れると、加熱防止装置が働いて途中で火が小さくなります。

忘れずに押しておくこと。

 

チューブのすりおろしにんにくを入れて焼く前の準備完了です。

 

プライパンが十分に温まったら、肉を投入します。

 

一気に強火で50秒焼きます。

 

f:id:framan:20190114150823j:plain

 

強い火で一気に焼くことによって旨味が閉じ込められるそう。

写真くらいに焼き目がついたら裏返してこちらも50秒焼きます。

 

ここで肉自体から油が出る様ならキッチンペーパーで拭き取っておくこと。

 

裏面も焼きあがったら次は蒸し焼きにします。

 

f:id:framan:20190114151039j:plain

 

蒸し焼きにするのにアルミホイルに肉を移す。

余熱で中まで火を通す。

 

f:id:framan:20190114151149j:plain

 

熱が逃げないように密封して、3分放置します。

 

f:id:framan:20190114151255j:plain

 

3分後の肉の断面がこんな感じ。

なかなかいいんじゃないか!?

 

 

まとめ

食べてみるとちょうどいい焼き具合で、確かに今までより美味しい。

普通にフライパンで焼くより、ジューシーで肉が柔らかい。やっすい肉なのに。

 

工程も少し手を加えるだけで、肉のグレードが上がった感じがするのでうまく焼けない人はぜひやってみてくれ。

 

焼き時間は肉の厚みによって調整をお願いします。

今回使用した肉は厚み1.3㎜くらいです。

 

 

ご馳走さまでした。