ゲン五郎.com

スーパーな雑記ブログを目指します

握力を鍛えるのにはCOC!!

f:id:framan:20191013195316j:plain



 

握力を鍛えるのにはCOCが最適かもしれない。

 

COCを知っていますか??

キャプテンオブクラッシュグリッパーの略で握力トレーニングの器具。

 

握力を鍛えるのはハンドグリッパーが一般的だけど、 このCOCは上を目指すための最適のアイテムと言っていいだろう。

 

握力強化で特にハマっていて、かなりオススメです。

最初は60キロ前後の握力でしたが、今ではリンゴを潰せるようになりました。

 

 

COCの超絶ラインナップ

 

これがCOCの全種類。

 

名前 番号
ガイド 27kg
スポーツ 36kg
トレーナー  45kg
ポイントファイブ 54kg
No.1 63kg
No.1.5  75kg
No.2  88kg
No.2.5  108kg
No.3  127kg
No.3.5  146kg
No.4  165kg

 

最高が165kgで、多分日本人で閉じれる人はいない。

 

結構握力には自信がありました。

 

初めに買ったのがNo.1で63g。

一発で両手をクリアしたので、その日にNo.1.5を注文。

 

届いたNo.1.5は流石に閉じることはできなかったので、 3日に1日のペースでトレーニング。

トレーニングといってもただひたすら握るだけ。

勢い良く残り1センチまでは行くが、 そこからが厳しい。

 

2ヶ月くらいでクリアして、今はNo.2に挑戦中。

 

初めは辛いよCOC。

 

その辺のハンドグリーパーと大きく違うのは、 握る形状。

柔らかいグリップではなく、アルミ剥き出しで完全にヤスリです。

実際に物が削れます。

 

そんな形状のものを全力で握るわけなので、初めは超痛いです。

自分は懸垂をしていて手の皮が厚くなってはいたが、お構いなしで痛みが来ます。

これは多分COCを握り込んで皮を強くしていくしかないとのと思います。

始めた時よりはマシですが今でも痛いです。 多分握力が強くなってくると、それにともなって持ち手がヤスリくらいじゃないと力が伝わらないんじゃないんだろう。

 

握力が強くなって変わったこと。

 

リンゴが潰せるようになったこと。

 

自分ではトレーニング期間が短かったせいか強くなった実感はないんですが、周りからはかなり驚かれます。

自分の周りにはリンゴが片手で潰せるいないようです。

 

襟を切られなくなった。

 

柔術のために始めた握力強化。

その効果は実感できるほどで、今では簡単に襟を切られなくなりました。

前腕が強くなったせいか、締めの破壊力も上がった気がします。

 

まとめ

 

COCには認定制度があってNo.3から公式に認定してもらえます。

日本人でも数人認定記録があります。

 

握力は歳をとっても衰えない唯一の筋肉と言われているのでNo.3認定を目指します。

道は長いと思いますが、もう少してNo.2も閉じれるところまで来ているので頑張っていこうと思います。